06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2015.05.19/Tue  00:00:27

ログを見ると始動時のAFRがちょっと濃すぎるので、そこら辺を微調整すべく3DマップのAFR Tableを見てみます
PC Link TCFIを立ち上げマップを読み込み「Edit」-「Edit 3D Table」-「AFR Table」をクリックしてAFRテーブルを表示
このマップが目標空燃比を決めるマップになっています。TCFIは回転数とスロットル開度(TPS)を元に制御を行なうα-N形式なので、横軸が回転数、縦軸がTPSとなってます

TCFI_121.jpg
始動時に関係がある500RPM-10%TPSの辺りを眺めてみると、妙に濃く設定されている部分があります(自分が使っているベースマップは14211です。マップによって当然設定差があります)

エンジン始動時には2Dテーブルにあるコールドスタートエンリッチメントの設定が適用されて、ここから更に濃くなります(コールドスタートエンリッチメントの詳細に関しては後程改めて書きます)
その設定が適用される範囲は始動時のエンジン温度によって異なる(正確に言うとエンジン温度によるIAC開度によって異なる)んですが、概ね赤枠で囲った範囲になります
※最初から記事読んでくれてる人には「何回言うんだよw」って感じだと思いますが、こっから見た人が居るかも知れないのでまた言っておくと、Gen6ではIACで開かれた分もTPSにそのまま乗るので例えばエンジン温度10℃でイグニッションON時のIACが70とかだと、参照するセルはTPS7.5%の所になります

ログを取った時の状況はエンジン温度10℃だったので、その時の目標空燃比は12.5。そこに2Dテーブルのエンリッチメントが効く形になります。このベースマップの初期値だとエンジン温度10℃の時には14%濃くするので、コールドスタートエンリッチメントが効いた状態の目標空燃比は12.5/1.14=10.96になります。ログのAFR Commandとも一致してます

マニュアルによると空燃比の目安は
-----------------------------------------------
コールドスタート時:11.5-12.5
アイドル時:12.8-13.5
クルージング走行時:13.0-14.0
スロットルワイドオープン時:12.5-12.8
-----------------------------------------------
となっているので、10.9はちょい濃すぎ

2Dテーブルのエンリッチメントの設定の方をいじる方法もありますが、それは3Dテーブルの方ではどうしても合わせられない場合の最終手段です
今回のケースで言えば、3Dテーブルのこの範囲がどうしても12.5である必要性が無いのでこちらを修正します
何でこの部分こんなに濃い設定になってんのかな…
回転数500-750、TPS2.5-7.5の部分なんて始動時以外使いようが無い範囲ですよねー(アイドリング回転数を600とかの超ローアイドルにしてれば750rpm、TPS5.0%ってのは有り得ないわけでは無いが)
それを敢えて12.5なんて数値にしているのは、むしろコールドスタート時の目標空燃比を11ジャストくらいにしたい、その方が良いって事なのかな。これじゃエンジン温度が0℃付近になる真冬とかは12.5/1.17=10.6になっちゃうYo
個人的にはさすがに11以下は無いと思うんだけど、ここら辺は四季を通して様子を見てみない事には何とも言えないので、とりあえず今は11.5-11.8程度に収まるようにしておきます

13.3で14%(エンジン温度によって変わる)濃くすると11.6なので、それで丁度良い感じかな。って事で件の範囲の設定を全て13.3に変えました
AFRテーブルのその他の範囲は概ねベースマップの初期値のままで、RPM1750-3500 TPS2.5-15%辺りのクルージング領域だけちょこっと薄く(13.7)設定しました

Advance Table(点火時期テーブル)はとりあえずベースマップの初期値のまま使ってみます。特定回転域でノッキングとかが出た場合だけその部分を微調整していくと言うスタンスで
この二つのテーブルはチューンを詰めて行く上で非常に重要で正に腕の見せ所、やり込めばそれこそ底なし沼な奥深さ面白さがあるんだと思いますが、ベースマップの設定のままでも結構しっかり走れてノーマルとの違いもちゃんと感じられる物にはなっていると思います

自分は細かくいじるのは全体像をしっかりきっちり把握してからにしようと思います。当面はほぼベースマップの設定のまま行きます
と言う事でAFR Table、Advance Tableの設定が決まったので、次はいよいよ補正(オートチューン)です。そのためにはある程度走り込まなきゃですね。通勤に使っているので毎日ある程度は走っているけど、それでもガレージでいじってる時間の方が長い気がする。本末転倒w
関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。