06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2014.08.20/Wed  01:03:56

いつまでもオリジナルのECMデータのままで乗っててもPowerVisionを買った意味が無いのでTuneファイルを作成してみます
あまり多くはいじらず、とりあえずアイドリング回転数を少し下げて燃調を濃い目に設定します

WinPVで、先に保存したオリジナルのECMデータを読み込み
pv_062.jpg  pv_063.jpg
まずはアイドリング回転数を1000→900に書き換え
ちなみに、日本版以外のパワービジョンではここの数値は900までしか入力出来ません。800とか入力してもリターンキーで確定した瞬間に900に書き換わってしまいます

ちょっと脇道にそれますが
この900rpm制限はどうにも不可解です。例えば、http://www.sscycle.com/tune-files/power-vision/ここで落としたチューンファイルなんかを使うと、このアイドリング回転数の所には800を入力する事が可能です
ただその場合も、実際にECMにフラッシュしてエンジンを動かすと回転数は900までしか落ちません
パワービジョンのファームウェアで制限されているのかと思って、2.0.6.-1320にダウングレードしてみましたが、それでも同じです
LiveIDLEを使って下げてみても、見掛け上の数値が下がるだけで実際の回転数は900以下には落ちません
出来る人は現行で最新の2.0.8.-1412でもLiveIDLEを使って出来るし、俺のケースのようにファームを下げても出来ない人もいます
最初にECMとペアリングした際のファームが何だったのかに依るのか、はたまたチューンファイルとファームの組み合わせに依るのか何とも謎です。何によって制限されているのかが分かりません
俺は低アイドリングには全く興味が無いのでこれ以上深く検証するつもりは無いですが、恐らく抜け道はあると思います。ただそれは不確かな物なので、もしどうしても800rpmにしたい!って人は、プラス25000円をお布施して素直に日本正規版なる物を買った方が賢明だと思います

っと余計な話はこれくらいにして続き
次は目標空燃比のテーブルを書き換えます
pv_064.jpg  pv_065.jpg
マウスドラッグとCTRLキーを使ってセルの複数選択が可能なので、書き換えたい箇所をまとめて指定して数値入力していきます
とりあえずは14.6→13.8にして、他のセルもそれに合わせて減少させます

pv_066.jpg
こんな感じの設定にしました
標準のナローバンドO2センサーで測定出来る範囲を超えているので、クローズドループは効かなくなり全域でオープンループとなります
燃調は、VEテーブルは触らずこの目標空燃比テーブルの書き換えだけにしておくのが吉です
「エアクリとマフラーを変えているから空気をたくさん吸う(体積効率が増える)はずだー」みたいな感じで適当にVEを書き換えるのは良策ではありません。ナローバンドを使っている限りどっちみちそれを確認する手段なんて無いわけですから

認識としてはもうキャブ車をいじっている感じです。勿論キャブ車でもちゃんとAF計を使って燃調を行っている人もいるでしょうが、ほとんどの場合は乗ってみたフィーリングと、せいぜいプラグの焼け具合を確認する程度じゃないでしょうか
そんな感じでジェットの番手を変えても平気で何年何万kmもトラブル無しで走れたりするんだから、ぶっちゃけ燃調なんてその程度でも良いわけですよ(身も蓋も無いがw)
せっかくインジェクションで、そのためのチューナーまで用意してるんだから完璧にセッティングしたいってのは当然の思考だけど、純正のO2センサーでパワービジョンを使う場合は、もう割り切ってそういう認識で行くのが正解だと思います(実際それ以上の事は出来ないし)
次の記事で書きますがオートチューンもほぼ無意味です

マップを書き換えたらPCにセーブします
pv_067.jpg  pv_068.jpg
FileメニューのSave As...で任意のフォルダーに任意の名前で保存

それだけだとPCにセーブされただけなので、Send TuneでPowerVisionにも保存します
pv_069.jpg

続いてはECMへの書き込みです。パワービジョンを車輌に繋ぎイグニッションON
pv_070.jpg   pv_071.jpg
PROGRAM VEHICLEをタッチ。Acceptをタッチ

pv_072.jpg
LOAD TUNEをタッチ

pv_073.jpg
CUSTOM TUNEをタッチ

pv_074.jpg  pv_075.jpg
保存したスロットをタッチして選択

pv_076.jpg
CONTINUEをタッチ

pv_077.jpg
書き込みして良いですか?の確認が出るのでFLASHをタッチ

pv_078.jpg
学習内容をクリアして良いですか?の確認が出るのでYESをタッチ
これは出る時と出ない時があります。メッセージにも書いてありますがA/F関係のパラメータを変更した時のみこの画面が出ます

pv_079.jpg
書き込み開始

pv_080.jpg
書き込み完了
OKを押し、バイクのイグニッションをOFFにして10秒待って完了です


走ってみた感じですが、低速がトルクフルになり良い感じです。アイドリング時の鼓動感も気持ち増します
プラグの焼け具合も、ノーマルの真っ白から程良くキツネ色になってます
燃費も思ったより落ちないので当面はこの設定で乗ってみようと思います

関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。