06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2014.08.04/Mon  03:08:18

 
足付き改善 シートアンコ抜き 
 

FLHTCはシート高自体はそれ程高くは無いんだけど、とにかく幅広なシートのため足付き性があまり良くありません
ノーマルの状態でもそれ程扱い辛いと言うわけでは無いんだけど、やっぱり足がべったり付くと言うのはそれだけで安心感が生まれる物なので改善策を講じてみます

最初に、自分のスペックとノーマルでの足付きを書いておきます
身長:173cm 股下長:82cm

これで、ノーマルのシートだと
seat_anko001.jpg  seat_anko002.jpg
こんな状態です。左の写真がシートの一番奥にフワッと腰掛けた時、右の写真がシートの前方、幅が狭くなっている所に腰掛けた時です
写真のようにシートの前の方に座ればカカトまでベタなので、一時停止時にはこの位置にお尻をズラせばそれで何も問題は無いわけだけど、やっぱり運転中の着座位置のままでカカトベタがベスト

足付き性を改善する方法は大きく分けて下記の2種類あると思います
・車高自体を下げてしまう方法
・シートを幅が狭く薄い物にする方法
前者に付いてはロワリングキットやロープロファイルのサスペンションへの交換で実現するわけですが、自分はあんまり車高は下げたくないんですよね。特に安価にすませようと思うとロワリングキットになるわけだけど、これはサスペンションの角度が変わってしまうので明らかに車体に無理が生じるし、サスの性能も殺してしまいそう。更に言うなら、ツーリングファミリーはノーマルでも決して車高自体が高いわけでは無いので、それを下げると段差で底擦ったりカーブ時にステップ擦ったりします。実際、ノーマルでもちょっと車体を倒しこんだら簡単に擦りますし
前後共にロープロファイルのサスに交換(要は、FLHXのノーマル状態)すればそんなに走行性能は損なわないとは思うけど、そうすると結構な金額になっちゃいます

と言う事で、自分はシートを改善する方向で行きました
最初は純正品のリデュースリーチシートorスーパーリデュースリーチシートを購入しようと思っていたんだけど、ディーラーでデモ用のリーチシートを試させてもらったらこれがどうにも駄目で…

2009FLHTCに適合するリーチシートは3種類あって
52619-08A:13mm低くなり、25mm前に移動
54383-11:25mm低くなり、64mm前に移動
54382-11:51mm低くなり、64mm前に移動
この内、下の2個を試させてもらいました。スーパーリデュースの方は足付きは確かに劇的に良くなります。カカトまでベッタベタで膝にも余裕が出る程に
ただ着座位置が64mm前方に移動すると言うのが難点で、これは実際に跨ってみると想像以上の前方着座です。身長自体が低めで足付き以外にもハンドルやフットコントローまでも遠いよーって人にはこれでいいとは思うけど、自分はハンドルとフットコントロールまでの距離はノーマルで丁度良いんですよね。なので、64mm前に移動するのはあまりにも窮屈
更に言えば形状が深いバケットになっていてそこにスポっと嵌り込むような感じになるので、着座可能位置がまさに一点しか無い。お尻をモゾモゾさせてちょっとだけ前に座ったり後ろに座ったりと言う事が事実上不可能です
これ、ロンツーとかしたら腰への負担ハンパ無いような気がするんだけどな…。その一点から全く動けないわけだから

と言う事でリーチシート案も却下です
自分はあんまりノーマルパーツを加工するのは好きじゃない(元に戻せないようにしたくない)んだけど、シートなら最悪ヤフオクとかで中古探せば2~3万もあれば買えるので思い切ってアンコ抜きする事にしました

座り心地を出来るだけ損なわないようにしつつ綺麗に仕上げるには経験に裏打ちされた職人技が必要なので、これに関しては自分でやってみようとは思わずハナっからショップ任せ決定です

やまちゃんのバイクシート工房
と言う所にお願いする事にしました。関西では結構有名なショップで、ネットでの評判も上々。常に3週間先くらいまで予約が入りっぱなしな所です。家から車で40~50分の所にあるので、事前にネットで予約した上で当日に直で持ち込みました(遠方の方は、郵送でもやってくれます。更に、送る際の送料は自分持ちだけど返送時の送料は店がもってくれると言う有り難仕様)

要望は「着座位置自体はそんなに下げなくても良いので、横幅を削って下さい」とお願いしました
1日で仕上げてくれて、持ち込みの翌々日にはもう家に届きました

seat_anko010.jpg  seat_anko011.jpg
seat_anko012.jpg  seat_anko013.jpg
seat_anko014.jpg  seat_anko015.jpg
seat_anko016.jpg
ご丁寧に、加工時の写真も送付してくれました。シートってこんな風になっているんですね

以下、Before → Afterです
seat_anko004.jpg  seat_anko006.jpg

seat_anko005.jpg   seat_anko007.jpg

seat_anko008.jpg  seat_anko009.jpg
仕上がりも非常に綺麗で大満足

実際に座った時の足付きですが、これもBefore → Afterで。着座位置は両方とも自分がいつも座る、一番深い所です
seat_anko001.jpg  seat_anko003.jpg
カカトまでベッタベタになりました!
まだあんまり長距離は走っていないけど、座り心地もほとんど損なわれていません。と言うかノーマルのシートの幅は必要以上に広すぎると思うんですよねw この加工後くらいの横幅をノーマルにしておけばいいんじゃないかと思わずにはいられない

乗った感想としては、やっぱり足がべったり付くってのはそれだけで安心感が全然違う。信号待ちの時にふんぞり返って腕組みしてドデーンと構えても安心安全
乗ったままバックする時なんかも、足がべったり付いて力を掛けられればこのクッソ重たい車体でもある程度自由に操作出来ます

加工費用は、1万円+消費税800円の計10800円ナリ(送料は行きは持ち込みしたので0、返送時は店持ちなので0)

多分俺みたいに「乗って操るのに特に問題は無いけど、欲を言えばもう少し足付き良ければなー」って思ってる人は多いんじゃないかと思いますが、ロワリングキットとか組む前にまずシートのアンコ抜きがお勧めですよー
職人の腕に掛かっている所が大きいんでショップ選びは大事だけど、そこさえミスらなければそんなに座り心地を損なう事無く予想以上に足付き改善出来ますよ!
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。