06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.01.10/Sat  01:58:40

 
通販サイト 
 

-通販サイトまとめ-
逆輸入車は国内販売モデルと比べてかなり手を広げないとパーツ入手が出来ないので、(主に自分のために)利便性のよさそうなサイトを見つけるたびに書き記しておこうと思います



【純正部品(アクセサリーパーツではなく、車体に使われてる部品類)の入手先】

シーマインターネットショッピング
Webike

純正部品はわざわざ海外サイトを利用する必要はありません。そんな事したら空輸代だけでアホみたいな金額になるので。逆車とは言え国内に入ってきてる国産メーカーのバイクなので、ちゃんと日本にリプレイスメントパーツのストックがあります(そうじゃなきゃ、国内で修理出来ないしね)
どっちのサイトも、まずは見積もり依頼から入ります。パーツ番号はプレストの部品情報検索で調べる事が出来るので、そこで欲しい部品の番号を調べて依頼。数日で料金を知らせるメールが届きます。自分は、タコメーターを取り付ける際にハンドルポストのボルトキャップをさっそく無くしてしまったので注文w 一個126円ナリ
※国内で買えるとは言ったけど、部品の値段は海外サイトの方が安いです。アッセンブリー一式とか高額な物を買う場合は、輸送代とかを計算して外で買った方がいい場合もあるかも

後、この部品情報検索はフィッティング調査にも大いに役立ちます。国内のサイトだと「XV1600用」っていう名目で売られてる物とかが結構あるんだけど、それがXV1700にも付くかどうか??って場合に、パーツ検索でXV1600とXV1700のその周辺の部品を比較すれば大体わかります。結構共通な作りになっているので、1600にマッチする物は大抵の場合1700にも付きます。他にも全く系統の違うバイクとも共通のパーツとかがあったりして、もし部品がすぐに用意出来ない場合は品番違いの同型パーツが送られてくる事があります(その判断はヤマハが行うのでフィッティングには問題無し)


【国内サイト】

POS(Parts-Online-shop)
アクセサリーパーツからパフォーマンスパーツまで幅広く扱ってます。納期もトップページに表示されている通りにきちんと届いて安心。ただ、同じ物を海外のサイトで買う事を考えたら高い(輸送代を加味しても)です。後、支払いが代金引き換えしか無いのも使い辛い

Korpcycle LTD
個人輸入の仲介業者という位置付けですかね。ただ正直、ここで無駄な中間マージン払うくらいなら自分で直に海外サイトで購入した方がいいと思う…。まぁ安心は安心なんでしょうが、別に海外サイトも危険ってわけじゃないしな~w


【海外サイト】

最終的にはやっぱり国外のサイトを利用する事が多くなると思う。扱ってるパーツ数の桁が違うし値段も安い。特に円高の時は狙い目。海外のサイトと言っても恐れる事は何も無い。ネット環境とクレジットカード、この二つさえあれば国内の通販サイトを利用するのと何ら変わらない。英語なんかわからんでも大丈夫。インターネットの辞書と翻訳を使えばそれだけで9割読み解ける。送り先の明記の仕方も日本で書くのと反対の順番で書けばいいだけ

山田太郎 大阪府大阪市北区中之島1丁目3-20

Tarou Yamada
1-3-20 Nakanosima Kitaku Osaka Japan

こんな程度でOKです。Japanとさえ明記すれば日本に届くので、後は日本人が見てわかればそれでヨシ。実は逆に書く必要も無い。日本での通例通り、都道府県市町村番地の順番で書いても大丈夫。と言うか、極端な話7桁の郵便番号さえ書けば後はもう最後の番地さえわかれば場所は特定出来るので、かなり適当でも大丈夫。心配しなくてもちゃんと届きます。後、クレジットカードの番号を入力するのが不安だって人もいるかも知れないけど、それは別に国外に限らず国内サイトでも同じ事。カードには大抵の場合不正利用に対する保障制度が備わっているので、万が一の場合もちゃんと届け出れば大丈夫(そんな事態はまず起こらないだろうけど)

Cruiser Customizing
海外発送対応(ここで言う対応ってのは、ドロップダウンリストからJapanを選択出来るという意味)
非常に使いやすいサイトで、パフォーマンスパーツからドレスアップパーツまで種類も豊富
今現在のストック状況が表示されているので、発送までの日数が読みやすい。注文後のオーダー確認ページでは、一つ一つの部品毎に入荷状況が表示され進捗状況が一目で分かる。国内のサイトよりも親切丁寧なくらい。送料も注文確定前にきっちり分かるので安心。輸送方式は特別な指定をしない限りはUPS。小物の場合はInternational Mail(USPS)も使えて送料を安くあげられるけど、そちらは到着までに日数がかかる。UPSなら、3~4日もあれば届きます(最寄の空港からの送料が別途かかります)

BARON
海外発送対応
ここも使い易いです。パーツ数も豊富。ストック状況が表示されていないのがちょい難点

Yamaha of Cucamonga
海外発送対応
その名の通りYamaha専門店。純正アクセサリーパーツを網羅してます。配達の方式も色々選べるようになってます。いつ見てもサイト自体が何か妙に重いのがタマに傷。50%オフのクリアランスセールにはたまに掘り出し物があるので要チェキ

俺のお奨めはCruiser Customizingかな。注文のし易さと発送までの管理状況表示が充実してる所がポイント
新しいお店見つけ次第順次追加していきます
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。