06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.01.01/Thu  00:49:46

 
油温計取り付け 
 

DSの時に使っていたデジタルモニターが余っていたので、油温計用途としてRSに移植しました
DSの所の記事にも書いてますが、アクティブの「デジタルモニター レブ&テンプ ver2」です

oil_temp001.jpg oil_temp002.jpg
油温(水温)、油圧、エンジン回転数、電圧が計測出来るデジタルタイプの複合モニター。今回はタコメーターはアナログタイプの物を取り付けたので、油温計測だけの用途で使用します。ちなみに、当然これで回転数も拾えます。タコメーター取り付けの記事にある、イグニッションコイルの配線に割り込ませればちゃんと計測可能

oil_temp003.jpg
油温は、上記メーターのオプション部品である「油温計フィッティング」をオイルのドレンボルトと差し替える事により拾います。RSのドレンボルトもDSと同じくM14のピッチ1.5なので、これもDSの時に買った物がそのまま流用出来ました

oil_temp004.jpg oil_temp005.jpg
写真の角度が悪くて非常にわかり辛いんですが、RSのドレンボルトは赤丸の所にあるので、これをフィッティングに差し替えます。今回もまた、既存のボルトを抜くと同時に指で押さえ指を離すと同時に新しいボルトを刺すという強引手法でオイルを抜かずに作業を行いました

oil_temp006.jpg oil_temp007.jpg
コルゲートチューブで線を覆い、フレームに沿わせて結束バンドで固定し引き回していきます

oil_temp008.jpg
配線はヘッドライト内でまとめる事にしたので、既存のケーブルに沿わせてヘッドライト裏の穴から内部に通します

oil_temp009.jpg
本体はとりあえずここに付ける事にしました。せっかくビレットのタコを付けたので、本当はここはスッキリさせときたいんですけどね…。今回は油温だけの計測なのでもっとちっちゃいメーターを目立たない所にひっそり付けときゃいいんだけど、わざわざ買い直す程の必要性も感じないので当面はこのままで行くかな

oil_temp010.jpg oil_temp011.jpg
こちらもコルゲートチューブでまとめ、クラッチケーブルに沿わせる形で取り回し

oil_temp012.jpg
先程と同じくヘッドライト裏の穴から内部に引き込みます

oil_temp013.jpg oil_temp014.jpg
oil_temp015.jpg oil_temp016.jpg
電源はパッシングランプの時に分岐した線から拝借する事にします。ギボシ端子を使って右上写真のような二股の分岐線を作成し、これをパッシングランプ取り付けの際に割り込ませた線にかまします。マイナスアースは、ヘッドライトを固定しているボルトにリング端子を噛ませて拝借

oil_temp017.jpg
パッシングランプと今回の電源ケーブルで結構ごちゃごちゃになっているんですが、カバーに収めると案外スマートな仕上がりに

oil_temp009.jpg
作業完了。これでイグニッションに連動して油温と電圧が表示されるようになりました。今回、油圧と回転数は線を接続していないのでずっと0表示のままです


【油温計測のインプレ】
この時期、朝の出勤前とかだと油温は0℃を下回ってます。チョーク引いてエンジンかけて、暖気運転10分くらいで大体40℃前後まで上昇。RSは油温がこのくらいまで上昇しないと吹けが極端に悪い。アクセルに回転数が付いてこず、下手したらプスンと行っちゃいます。
温度上昇は極めて早く、そして高い。さすが空冷1700ccって感じです。この時期でも、極端な渋滞にはまらず普通に走行しててさえ、余裕で100℃を超えてきます。真夏になったら一体何度くらいまで上昇するのか激しく不安

後、うちの車輌は油温が80℃を超える辺りから1速2速での加速時に異音(表現するの難しいけど、バタバタバターって感じ)が鳴るんだけど、これはこういう物なんだろうか…。タペット音かと思ったけど、空ぶかしでは鳴らないから違うか。そもそもこの車輌はラッシュアジャスター(油圧リフター)が搭載されてるから、ちょっとやそっとのクリアランス不良ではタペット音は鳴らないはずだしな。クラッチ繋いだ走行時のみ鳴るから、ギアorクラッチが一番疑わしい部分かな?熱膨張によるものなのかオイルの粘度低下によるものなのか判断が付かないけど、とりあえず慣らし後のオイル交換ではちょっと耐温に優れたオイルを入れてみる予定
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。