06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2008.12.24/Wed  23:35:51

 
タコメーター取り付け 
 

DSの時と同じくタコメーターを取り付けました。メンテやカスタムを行う際に回転数が見えてないと調子が計れないし、何よりこれがあるとより一層走りが楽しくなる!DSで使ってたデジタルメーターを流用出来るのでそれで行こうかとも思ったけど、タコはアナログ式の方が見易いので新調♪

色んなメーカーから汎用の物も発売されているけど、今回はちょっと奮発してPro-Oneの「ビレットタコメータKIT YAMAHA B ホワイトパネル」をチョイス。ステーが完全にXV1700用に作られているので、取り付けた際は文句無しのフィット感が期待出来る!購入はPOSにて行いました。トップページのお届け予定日ジャストに到着。代金の支払いが着払いのみってのがちょっと不便だけど、信用のおけるお店ですね

tacho001.jpg tacho002.jpg
USはこのパッケージングが好きだなw ビニールびりびりはいで取り出し
メッキはなかなか上質な感じです

さっそく組み立てに入ります

tacho003.jpg tacho004.jpg
パーツNo6のタコ本体部をNo2のタコマウントにはめます

tacho005.jpg
下部にパーツNo10の芋ネジで固定。あ、そうそう。こいつはUSパーツなので、六角レンチはインチサイズの物が必要です(実際には、ここはミリサイズの物でもいけるけど)

tacho006.jpg
リード線をパーツNo3のタコキャップの一番大きな穴に通し外に引っ張りだします。ちなみに、他の穴は説明書によるとエアーサーキュレーション、要は空気穴らしいです。こんな所に空気穴が必要なんじゃろか?w

tacho007.jpg
キャップを芋ネジで固定。下部のみの一点止めでちゃんとガタ無く止まるのかな?と心配だったけど、問題無さそうです。面の精度もしっかりしてるのでカチっと止まってる

tacho008.jpg
マウント、キャップ取り付け完了

tacho009.jpg tacho010.jpg
台座にタコを乗っけて、裏面から2本のボルトで固定。これでタコの準備は完了

続いて、車体への取り付けに入ります。まずはタンクの取り外し(説明書ではタンクは完全に取り外さなくてもズラせばOKみたいな事が書かれていて、実際にリード線のアクセス先であるイグニッションコイルはそれで触れるけど、横着せずに取っ払っちゃった方がいいと思います)

cab006.jpg cab007.jpg
まず、ガソリンホースを外します。クリップをずらし引き抜く(先に、コックをOFFにしておくのを忘れずに)
ホースの中に残っているガソリンが垂れてくるので、適当に養生を

cab008.jpg
続いてメーターパネルの取り外し。赤丸の3箇所のボルトを外します。これでパネルが浮きます

cab009.jpg cab010.jpg
パネルのコネクタ2個を外します。四角い方はツメを押し下げながら、6ピンの方はツメを押し上げながら

cab011.jpg cab012.jpg
タンクに繋がっているホースを引き抜きます。クリップが付いているので、それをずらしてから

cab013.jpg cab014.jpg
タンク下部の固定ボルトを外します。これは貫通式になっているので、右側のナットを外してからタンクを軽く持ち上げながら左側に引き抜きます

cab015.jpg cab016.jpg
緑色のコネクタを外します。これで準備完了。後は、タンク下部(リアタイヤ側)を軽く持ち上げながら、後方にずらしていけばタンクが外れます

cab017.jpg
タンクは結構重たいので、ツルっと行ってしまわないようにご注意を

んでは、再びタコに戻ります

tacho012.jpg tacho013.jpg
このタコはハンドルクランプ上面を差し替える形で設置するので、純正のクランプを取り外します
当然の事ですが、これでハンドルバーを固定しているわけだからボルトを緩めていくとハンドルバーがダラーンと下に垂れます。バー自体が落っこちる事は無いけど一応ご注意を

tacho014.jpg tacho015.jpg
取り外したクランプの代わりにタコキットを取り付け、元のボルトで再固定します
さすがにピッタリ。期待通りのフィット感で大満足(*´Д`)

tacho016.jpg tacho017.jpg
後は配線のみです。電源及び回転数のパルスは、車体左側のイグニッションコイルから頂戴するので、既存のケーブル類に沿わせる形でタイラップで固定しつつ線を引き回してきます。ハンドルの中央に座してるので問題は無いと思うけど、一応ハンドルを左右いっぱいに切っても線の引張りが無い事を確認

tacho018.jpg
結線に入る前に、バッテリーのマイナス端子を外しておきます

tacho019.jpg
結線図を確認。説明書は英語だけど、この図だけありゃ大丈夫、極めて簡単です

tacho020.jpg
タコキットに同梱されている端子です。まずこれをリード線に取り付けていきます

tacho021.jpg
まず、タコから伸びている4本のケーブルの中の緑色のケーブルに端子を取り付けます

tacho022.jpg tacho023.jpg
圧着工具を用いて端子取り付け

tacho024.jpg
保護チューブは熱収縮式になっているので、ライターで軽くあぶってやればぴっちりフィットします

tacho025.jpg
次に、赤と青のリード線をまとめて端子に取り付けます

tacho026.jpg
最後に、黒のリード線にリング端子を取り付けて完了

後は端子の差し込みですが、まずはイグニッションコイルに刺さっている既存の線を確認
コイルには2本のリード線が取り付けられていますが、外側の黒赤の線がポジティブライン、内側(フレーム側)のオレンジの線がネガティブラインです

これを両方とも引っこ抜き、タコのリード線に取り付けた端子に接続します

tacho032.jpg
取り付け方なんですが、①の飛び出た所に元々イグニッションコイルに刺さっていたコネクタを接続し、②をイグニッションコイルに刺す、という形になります

tacho027.jpg
上記の通り、タコのリードに取り付けた端子の飛び出た部分に既存のリード線を取り付けます
・車体側のオレンジ-タコ側の緑
・車体側の赤黒-タコの青赤
これを逆にすると動かないので、要注意です

tacho028.jpg
コネクタをイグニッションコイルに接続します

tacho029.jpg
リングターミナルを取り付けた線はタコへの電源供給のマイナスラインになっているので、ボディアースさせます。これは車体の金属部分ならどこに接続しても構わないんですが、イグニッションコイルを固定しているボルトが丁度いい場所にあるので、そこにナットで固定する事にしました

tacho030.jpg
これで接続は終わりです。タイラップで線を固定して配線完了

ここで導通チェックを行います。外していたバッテリーのマイナス端子を接続し直して、イグニッションON!
問題が無ければバックライトが点灯するはず…っとおお!?このタコもメーターパネルと同じく起動アクションがありました。針が一旦振り切れて戻る。こんな仕掛けがあったとは嬉しい誤算

タンク類を元通り付け直して、全作業完了

tacho031.jpg
ワクワクしながらエンジン始動。おお、動いてる動いてるヽ(*´Д`)ノ
デザインもいいし、こいつはいい買い物だった

アイドリング時はメーターの1ちょっと手前なので、規定の850~950回転にピタリ合ってる感じ
ざっとテスト走行してみたけど、やっぱタコがあると走りが楽しい!今までどんな回転数で走ってるのかわからなかったけど、やっぱ低回転型のエンジンとギア設計だけあって低いね~。これがドコドコ感を生んでるのか

最大トルク発生の2500rmpを基準にして調べてみたら
1速:40km
2速:55km
3速:75km
4速、5速:地道しか走らなかったので検証出来ず。代わりに、時速60kmでこれらのギアに入れてみたら4速だと1700rpm付近、5速だと1000rpm以下(アイドリング回転数とイコール)でした

要するに、最大トルクで走ろうと思ったら地道じゃ2速までしか必要無いって事なのかw
高速乗る事があったら4速5速も試してみようと思うけど、これ…5速入れたら120kmとか出しても2500rpm以下で走りそうだな

【動画撮ってみました。20年前のビデオカメラなので画質うんこで申し訳】

XV1700 Pro-Oneタコメーター
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 3
go page top

 

この記事に対するコメント

動画楽しみにしてるんですけど・・・まだですかー?
あと、バックライトってついてるんですか??
おおっと、動画忘れてたました。。すみません、近日中にアップさせてもらいます
バックライトは付いてますよ~。常時点灯型で、メーターパネルと同じオレンジ色です
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。