06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2017.02.26/Sun  00:02:55

 
フォワードコントロール 
 

DSC_0001_20170225232028082.jpg
毎年12月1日~3月31日までの4ヶ月間はバイクには一切乗らない完全な冬眠期間にしていて、今年も夏に作ったバイク部屋にて静かに春を待っている状態なんですが欲しかったパーツが手に入ったので先にカスタムだけやっちゃいます

DSC_0019_20170225232458170.jpg
ジャジャンと。今回取り付けるパーツはこれ
フォワードコントロールです。その名の通り、ステップの位置を前にする物です
操縦性を考えるならスポスタにはミッドコントロールの方が向いていると思いますが、自分は全然攻めた走りなんかせずのーんびり走行だしハーレーはやっぱり足を前に放り投げて乗りたいのでずっと探してました
純正オプションとしても販売されているけど、ちょっと手が出ない程の価格なのでヤフオクにて中古パーツを購入
XL1200X(フォーティーエイト)からの取り外し部品ですね。ヤフオク張っているとちょいちょいこの出品があります。ミッドからフォワードにしたい人が居るのと同様に、フォワードからミッドにしたい人も居て余るんでしょうね
完全に互換性があるのでXL883Nにもそのまま取り付け可能です。ただし2014年に少しだけパーツ変更があったので年式には注意
具体的には右側の、リアブレーキを押すためのロッドが少しだけ変わっています。恐らく変わったのはその一点だけなので、どうしても2014年以降の出物が無い場合は、それ以前の年式の物を買ってパーツ番号50600092   PUSHROD, FORWARD CONTROL (BLACK)だけディーラーで注文すれば恐らく取り付け可能になるんじゃないかな~と思います

っと前置きはこのくらいにして取り付け作業開始。室内で作業出来るので時間も寒さも気にせずほんと快適です

DSC_0003_201702252342423b1.jpg
まずは右側から
こっちが少々面倒です。既存のミッドコンを取り付けているボルトがマフラーの奥にあって非常にアクセスし辛い
六角レンチや、ラチェットでもショートヘッドのソケットを用いれば何とか外せない事も無いんですがこのボルトは結構なトルクで締められている&ロックタイトで固定されているので狭い隙間で無理に作業しようとするとガチャンと傷を付けたり怪我をしたりしそうなので、ここは急がば回れの精神で素直にマフラーを外す事にします

DSC_0005_20170225234857073.jpg
まずはエキパイとの連結部のボルトを緩めます

DSC_0006_20170225234859f7b.jpg
次いでマフラーを固定しているボルトを取り外し

DSC_0007_20170225234900a59.jpg
ユサユサさせながら慎重にマフラーを引き抜きます
リア側のマフラーとの隙間が結構ギリギリで、後ろも外さないと抜けないのか!?とヒヤヒヤしましたが何とか抜けました

DSC_0008_201702252349023ea.jpg
これで楽々とステップを固定しているボルトに工具を掛けられます

DSC_0009_20170225235336b06.jpg
先にロッドを固定しているピンを外します

DSC_0010_20170225235339067.jpg  
ピンを上から差し込み、こういうクリップで止められています。ちっちゃい部品なので外す時にどっかに飛んでいって失くしちゃわないよう注意

DSC_0012_20170225235341e4f.jpg
ピンも引き抜き

DSC_0013_2017022523534225a.jpg
後はステップを止めているボルトを外してユニット毎ごっそり取り外し
このボルトはそこそこ固いです。ステップは、この上に立って全体重を掛けても大丈夫なように設計されているのでそうじゃなきゃ困りますけどね

DSC_0015_20170225235839155.jpg
取り外した穴をそのままにしておくと水が入って錆びてしまうので

DSC_0016_20170225235840e6d.jpg

DSC_0017_201702252358421be.jpg
フォワコンを取り付ける位置にハマっているブランクのボルトを取り外し

 DSC_0018_20170225235837835.jpg
代わりにそれをミッドコンの穴にはめておきます。振動で気が付きゃ無くなってたって事にならないよう、ロックタイトを軽く塗布して取り付けました

取り外し完了したので続いて取り付け

DSC_0020_201702260435231cd.jpg
先にこのロッドを受け側に差し込んでおかないと後からではハメられないので挿入

DSC_0021_2017022604352450a.jpg
写真暗すぎて分からねぇ。。このバイク小屋は作業するのに困らない程度の照明はあるんだけど、やっぱり車体の影になる所とかは暗いですね
先に取り外した既存のボルトにロックタイトを塗布して固定。締めトルクは…まぁ適当です。サービスマニュアルも持っているんで調べれば分かるんだけど、特に厳しいトルク管理が必要な物でも無いので締めすぎにだけ注意してギュッと締めて完了

DSC_0022_201702260435255ed.jpg
足を投げ出す位置にステップが来ました

DSC_0023_20170226043527623.jpg
ロッドを固定するピンを挿し、クリップで固定して右側完了

DSC_0025_201702260441222ec.jpg

DSC_0026_2017022604412409d.jpg
既存のミッドコントロールとの違いです
何も無かった空間にせり出してるせいか、感覚的には何となくバイク自体の全幅が増したような感じがします
実際には、ステップの張り出しは特に変わっていないので構造的には変わっていないとは思いますが

DSC_0027_201702260444078b9.jpg
続いて左側ですが、こっちは特に邪魔している物も無いのでサクサクっと

DSC_0028_20170226044409fe5.jpg
取り外して

DSC_0029_2017022604441021f.jpg
フォワコンを取り付ける位置にあるブランクボルトを取り外し

DSC_0030_20170226044411a67.jpg

DSC_0031_20170226044412c16.jpg
ロックタイトを塗布して元のミッドコンの取り付け穴を塞ぎ

 DSC_0032_20170226044645200.jpg

DSC_0033_20170226044639a12.jpg
シフトロッドを取り外し

DSC_0034_20170226044641c98.jpg
ボルトにロックタイトを塗布してフォワードコントロールを取り付け

DSC_0035_20170226044642d11.jpg
シフト出来るようにロッドを組み付け

DSC_0036_201702260446432f0.jpg
ペグを取り付けて完成。ペグは購入したパーツには入っていなかったので既存の物をそのまま流用

DSC_0037_20170226045044dce.jpg

DSC_0038_20170226045046e80.jpg
最後に可動部にグリスを差して、フォワコン取り付け作業完了です
バイク自体が元々フォワードコントロールを付けられる構造になっているため、作業時間は30分もあれば終わる簡単なカスタムとなります

試乗は冬眠が明ける3月末までお預けですが、跨ってみた感じは非常に良い。体勢的にハンドルをもう少し体に近くなるようにしないとキツイかな~と思ってたんだけど、何となくノーマルのままでも行けそう。ま、こればっかりは実際に運転してみるまで何とも言えませんが
遠くてしんどいようなら後ほどハンドルも変える予定

あー早くあったかくなって乗り回したい

[追記]
とりあえず道が凍る程の寒さは脱したので予定より一ヶ月早く冬眠を解除して乗って来ました(我慢出来なかったw)
実際に乗ってみた感想としては、やっぱりちょっと乗車姿勢がしんどいかな…。当方、身長173cmだけど体が(逆)くの字になるので長時間乗っていると腰が若干辛いです。ただ、こいつの前に乗り継いできた3台が全てフォアコンだったので足を置く位置的にはこっちの方がしっくり来て操作しやすい。後、信号待ちとかの停車時に足をストンと下に降ろした時に邪魔になる物が無くて快適
ハンドルがもう少し体に近ければ腰への負担も大分減りそうなので、さっそくハンドルを注文してみました。取り付けの様子及びインプレはまた別途行います
後、欲を言えば足を置く部分は棒では無くボードが良いですね。フロアボード式の物はクリヤキンとかから出ているようなのでハンドルを交換して「よし、これでイケる」と確認出来ればそれも買い求めたいと思います
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。