06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

XL883N-アイアン-放浪記

ドラッグスター放浪記改めロードスター放浪記改めエレクトラグライド放浪記改めXL883N-アイアン-放浪記になりました。うちの愛馬Harley-Davidson XL883Nのカスタムとか整備とかツーレポとかを徒然と

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2016.07.31/Sun  22:22:22

枠組みが出来て壁屋根も張って大分形になって来たけど、何故かまだまだ終わりが見えた感じにならない今日この頃
暑さのせいもあってちょっとバテ気味ですが、基本的にDIYは趣味(やってて楽しい事)なので今日も頑張ります

本日のメニューは壁と屋根の防水シート(ルーフィング)貼りです
が、その前にちょこっと別の事を…。窓とドアの部分に枠を付けます

材料は1×6材を用いました
DSC_0188.jpg
DSC_0189.jpg
DSC_0190.jpg
DSC_0191.jpg
この作業は全て室内側から行なう事が出来たので、ブルーシートを取る手間が省けました。屋根もあるし直射日光を遮れて多少は暑さがマシ…ほんと多少ね
コースレッドは内側から打ったので枠に釘は露出しない格好で仕舞えました

DSC_0192.jpg
DSC_0193.jpg
DSC_0194.jpg
枠取り付け完了
ただこれが、予想以上にお金掛かってしまった。この枠組だけで1万円オーバー…。枠はどうしても絶対必要ってわけでも無いのでちょっと無駄にお金使ってしまったかなーとちょっと後悔。しかもこれ微妙に出が少ないんですよね。この後外壁材張ったらほぼ面一になってしまうんじゃなかろうか。逆に言えば付けてなかったら外壁張った時に出入り口が全て凹む事になるので、そう考えれば必要だったかな

DSC_0195.jpg
DSC_0196.jpg
DSC_0197.jpg
アクセントと共に防水防腐も兼ねて白色の水性塗料で塗装してみました

さてここからが本番。ルーフィング貼りに入ります
まずは壁から。壁には透湿防水シートと言う物を使いました。その名の通り中からの湿気は外に通して、外からの水は中に通さないと言う代物らしい。25Mあれば十分だと思うけど、近所のホームセンターには50Mの物しか売ってなかったのでここでもまだ無駄な出費が
自分がDIYやる時の悪い癖で、中終盤に入ってくると金銭感覚が麻痺してきて節約意識が無くなって行くんですよねw ほんのちょっと遠出して別のホームセンターに行けば25Mの物があっただろうに、「まぁいいか」って感じで買ってしまう。。

DSC_0198.jpg
雨は当然上から下に流れるので、シートは下から順番に張っていって、上に張った物を規定の幅重ね合わせて行く。どのくらい重ねるかはシートに点線が入ってました
固定はタッカーでパチンパチンと止めて行くだけなので楽勝!と思ってたんだけど、これがまた一人でやろうと思うと案外難しくて難儀しました
「そっちちょっと持ち上げて軽く引っ張っておいてー」って言える相棒がいればほんとに楽なのになーって感じです
このシートは引っ張りには強く、そういう力の掛け方ならばちょっとやそっとじゃ破れないんだけど、出っ張りに引っ掛かったりした時の耐久性はかなり低いんで破かないように注意が必要
タッカーの間隔はよく分からないので適当です。当たり前の事だけどタッカーで止めると言う事は針がシートを貫通すると言う事だから、防水を考えれば打つのは少なければ少ない程良いと思い、バタ付かない必要最小限だけを止めました

DSC_0200.jpg
なるべく細切れにはしないよう一枚をなが~く使いながら周囲をぐるり

DSC_0201.jpg
上まで張り終わりました
最後の方は段々しんどくなって雑になっていますw とりあえず全面貼り終えました。一日で壁、屋根、更に防水テープまで全て行けるかと思ってたんだけど、4時間の作業で壁を貼るので精一杯だった

DSC_0203.jpg
DSC_0202.jpg
隙間、枠部分に防水のテープを貼っていきます
「建築用ブチルゴム系防水テープ」と言う物を使いましたが、これがなかなか面白い特性で保護紙を剥がした時点では接着面の粘着力は全然無いように感じます。実際手で触っても多少ペタペタするかな?くらい
対象物に押し当てて少し圧を掛ける事によって食いつきます。感じとしてはゴムが溶けて一体化するような印象です(仕組みは違うけど自己融着テープみたいな感じかな) なので自分は壁紙を貼る際の小さいジョイントローラーを使ってグリグリしていきました
しっかりグリグリすれば対象はタイルだろうがコンクリだろうが木だろうが何でも食いつきます。ほんと面白い商品だな

せめてこの防水テープまではやり切りたかったけど、西側の壁をやった所で時間切れ、本日はここまで
明日は壁の残りの防水テープ貼りと、屋根のアスファルトルーフィング貼りを行なう予定

明けて翌日
DSC_0204.jpg
DSC_0205.jpg
DSC_0206.jpg
ドア枠窓枠をはじめありとあらゆる部分に防水テープを貼り付け完了
軒の部分が面倒で案外時間掛かりました
窓枠のように4辺ある時の防水テープを貼る順番は「下」「左右」「上」です。水の流れを考えて位置が上にある物程後に貼る(上に重なるように貼る)のが基本
このブチルゴム系のテープの場合はあんまり気にしなくても大丈夫な気もしますが。テープ同士密着させた所はほぼ一体化するので

DSC_0207.jpg
壁の処理が終わったのでいよいよ屋根
壁は透湿防水シートでしたが屋根はアスファルトルーフィングです。疑問なんだが、屋根にも透湿防水シート使っちゃ駄目なのかしら
って画像検索してみたら結構屋根に透湿防水シート使ってるのあるな。別に構わないのかな。50M買っちゃったんで大量に余ってるんだが…
ま、同時にアスファルトルーフィングも購入しちゃってたのでもうそれ貼っちゃいますが
アスファルトルーフィングは透湿防水シートと違って厚みがあってゴッツイです。そしてメチャメチャ重い…。一巻き29kgありました
これも壁と同じく水の流れを考えて下から上に貼り重ねて行きます。重ね合わせの幅もシートに線が入っているのでそれに従って。点線も入っていてそれがタッカーで止める箇所なのかな?それに関してはちょっと分かりませんが丁度良い間隔だったのでそれに従ってタッカーで止めて行きました
施工自体は細かい加工も必要無くロールをゴロゴロして横に敷いてタッカーでパチンパチンして行くだけなので一瞬で終了

DSC_0208.jpg
DSC_0209.jpg
でろ~んと垂れてて見栄えは良く無いですが、壁の防水シートの上に切れ間なく被さっているので、仕組み上はこれでもう屋根壁の中に水が入り込む事は無いはず

DSC_0210.jpg
DSC_0211.jpg
DSC_0212.jpg
軒の部分は適当に中に折り込んでタッカーでパチン
この部分に関しては全く気を使ってません

DSC_0213.jpg
DSC_0214.jpg
最後に建屋の中から屋根の食い込み部分にOSBで蓋をして、これで内部空間は完全に密閉された事になります

これにて防水ルーフィング貼り工程は完了
残すは
・屋根・壁の外壁
・床の土間打ち
・ドア・窓の製作
・電気工事
だけとなりました。冒頭で終わりが見えないと書いた理由が何となく分かりました。土間が出来て無いからですねw
建物内部なのにまだ地面が土と言う状況が未完成感に繋がっているんだと思う

とは言えそれは次の次の工程なので、とりあえず明日からは屋根と壁の外壁を仕上げて行きます
屋根はガルバリウム波板、壁は杉の荒材を鎧張りで仕上げる予定
それが終わればようやくブルーシート囲いから開放される…。ルーフィング貼り終えたとは言え裸の状態で雨に晒されたくは無いので

[防水ルーフィング張り編で掛かった費用]
・1×6材 10F ¥1,580*3=4,740
・1×6材 6F ¥898*8=7,184
・1×6材 3F ¥428*8=3,424
・片面スーパーブチルテープ ¥802*2=1,604
・カラールーフィング23キロ ¥3,580
・透湿防水シート1M巾×50m ¥5,122
・NF水性多用途1.6L白 ¥1,980
・Nローラーキットスモール ¥378
・N水性・油性塗料刷毛 ¥138
・木工パテ ¥515
・MAXステーブル T3 ¥139
・木用ネジフレキ小箱51 ¥597
合計:29,401
(ここまでの総合計:98,326円)

ちょっとマズイな、予算オーバーしてきた…って設計図すら書いて無いんだから予算オーバーもクソも無いんだがw
物凄くアバウトに何とか総額で15万円以内に仕上げたいな~と思ってたんだけど、この後に必要な物を考えるとちょっとオーバーしそうな感じ

[作業期間:2016年07月30日~08月01日]
※途中雨降りだったり海水浴だったりで作業していない日もあるので、期間=実作業日数ではありません
スポンサーサイト
thread: DIY日記
janre: 車・バイク
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。